高密度ポリエチレンとは

高圧重合法によって製造する低密度ポリエチレンとは異なり、
高密度ポリエチレン(High Density Polyethylene,通称「HDPE」)は
中圧法または低圧法により重合されるため、
別名「中低圧法ポリエチレン」とも呼ばれます。
HDPEは1965年にアメリカで開発されました。


高密度ポリエチレンの特徴

同じポリエチレンでも、低密度ポリエチレンと比較すると物性が異なります。
軟化温度は120℃、融点は150℃ですので、低密度ポリエチレンと比較すると、
高温に耐えるという特性があります。

また、引っ張り強さ、フィルムの腰の強さがあり、薄手でも強度が得られます。
開口性にも優れているため、スーパーやコンビニなど小売店のレジ袋として使用されています。
防湿性、バリヤ性も低密度ポリエチレンの2倍ほどの能力があります。


【特徴まとめ】
・安価
・半透明
・引っ張り強さに優れる
・フィルムが硬く、コシがある
・表面がマット状である(凹凸がある)ため開口性がよい
・耐熱性に優れる
・耐寒性に優れ、-80℃の低音下でも機会的特性が低下しない


つまり、「価格が安く、丈夫で破れにくく、気温の変化にも強いフィルム」なので
タイヤ保管用の袋にするのにピッタリの材質が高密度ポリエチレン(HDPE)です。